スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑ってたいだ


         




昨日の延長戦で
怒らなかった


相手に悪意を抱いていないことを伝えて
説得して
説明して・・・


途中
少し涙目の相手をみると
やっぱりこういう顔してるか
どうかなんて電話やメールでは
解らないよなぁと思った

例えば

「わからない」

という一つの文に

わかりたいのに、わからないのか
わかりたくないから、わからないのか

なんて知るはずもない

逢って涙目で話す相手を見ると解る
もんだ


最後は
腹にパンチ10発くらわして
笑って帰ってきた(笑


やっぱ怒りたくないんだ
笑ってたいんだよ






昨日は動揺してたから
日記のタイトルが「怒りたくないだ」に
なってた(笑)        ↑んが抜けてる(笑)

今日も「ん」を抜いてみた(笑)

まぁ、もう だいじょうぶだ
お騒がせしました





サピコ



スポンサーサイト

怒りたくないだ



         060510P_20101029201148.jpg



昨日は
ものすごーく
久しぶりに人に怒った

話しながら
自分の心臓のドキドキする音が
聞こえてきた

本当は怒りたくなんか
決してないけど
多分あまり上手にできないんだ
さらっと かわしたりが・・・

今から延長戦

もう今年は怒りたくはない

もう今年の怒るエネルギー残量は
残ってないはずだから・・・


サピコ



アラフォーの淡い恋


あたしが22歳の時に
A弓の友達という事で仲良くなってから
ずっと4歳年上の(笑)
Nさんが今週末に結婚する

10年前はお互い下北付近に住んでいたので
週末はしょっちゅう家で集まって
ワイワイ遊んでた

そんな中で大切な人との別れがあったり
して

もう一生人を好きになれないんじゃないかと
言って泣いて
お酒が飲めないのに
下北で飲み明かした日々もあった

その時期は
本当にA弓と共に
Nさんの事を心配していた


でも人見知りもしなく、基本的に明るいNさんを
たまに日に当てようと(笑)
キャンプに行ったり、サーフィンに行ったりすると・・・
だんだん元気になっていった気がしてた

それでもずっと何処かに悲しみスイッチがあったとは思う。



そんな期間が10年くらいあったのかなぁ・・

で去年のいつ頃か、カヨの演劇の後に
A弓と3人で行った高円寺のカフェで
あたしもサッチンみたいに恋愛するよ(笑)
と言いだした

そうだよ内藤さん!
人生は愛だよ と言ったかどうかは
覚えてないけれど(笑)

先に店を出たあたしは
駅のホームからそのカフェを見ながら
恋愛する宣言をココロから喜んだのを覚えてる


で今年の春頃か夏前かに

Nさんが飲み会(合コン)に参加したんだよと
A弓から聞く

ほえーーー!!!!すごい!!
そんな事13年間で初めて聞いたわ
と驚いた矢先

まだ夏が終わらない頃にNさんから電話があって
「サッチン私結婚するんだ」と

えーーーーーーまじでーーーーーーー!!!!

と開けっ放しの窓の外に向かって
叫んでしまった



まさに
運命の相手が現れて
本当にとんとん拍子で
全てが決まっていった感じ


パートナーとなる人が弾く
ギターのムービーを
嬉しそうに見せてくれるその顔は
まさに恋をしている女性


今週末に晴れて夫婦になって
土曜日には新居に引越

とんとんとんとん すすんでいく

でもこれは

運命でもあるけど
Nさんが自ら進み
自ら人生のターニングポイントを迷いながらも
何かを信じて選択してきた道

その選んだ
道ばたに相変わらずあたいもいて
手伝ったり、励ましたり、冗談いったり、いじめられたり(笑)
これからも出来たらいいなぁと

思うのであります。







アラフォーの恋は突然で
でもちょっと確信的

一歩前に進む力があれば だね

おめでとう Sちゃん・Nさん





サピコ

引越手伝いますけど
テレビデオは要りませんからね(笑)


女2人走行2000キロ・車中泊の旅その2

渋谷→鳥取→松江→出雲岡山→豊島→吹田→京都→伏見→渋谷


izumo taisha-00

出雲大社復元図 (原図 張仁誠氏 復元 大林組)



9.19(日)


今回の旅では
本当は高千穂に行きたかったんだけど
片道17時間とでたので断念し
出雲は11時間だからという事で
調べてみると

平成25年まで「平成の大遷宮」という事で
御本殿がぐるっと素屋根(御本殿を囲む巨大な覆い)
で囲まれているので
壮大な姿を一望する事ができないと・・・

でもよく見ると
そんな工事中の屋根を間近で拝観できるとの
事だった↓
http://www.izumooyashiro.or.jp/haikan22.html

しかも期間は
8月~9月21日のうち、たった18日間
これはもう、呼ばれたと思いこんで
出雲に行く事にした


HPによると
拝観条件があり(子供不可など)
特に服装が厳しかった


【拝観可能な服装】
襟付・袖付シャツ(半袖可)・長ズボン・長スカート・靴

【拝観不可な服装】
Tシャツ・トレーナー・ジーンズ・ジャージ・カーゴパンツ・短パン・短いスカート・
スパッツ・作業着・サンダル・ミュール・ハイヒール・
素足など軽装もしくは足下が危険と判断される服装

なんだかこれだけ規制が厳しいので
行く前から少し緊張していた・・・







am6:00
出雲駅前のパーキングから
田んぼに囲まれた道を走り
出雲大社へ向かう

襟付きのシャツを着ながら。
まだ空いている駐車場にCUBE子を停め
朝一の出雲大社に入る。
大きな鳥居をくぐると
御仮殿が現れた


DSCF2563.jpg


これが有名な
しめ縄なのかなぁと思いつつ
「2拝4拍1拝」で参拝

※数少ない事前の情報:
普通神社は「2拝2拍1拝」だけど
出雲だけは古来の方法を尊重して「2拝4拍1拝」
にしているby伝太郎


出雲は縁結びの神様の印象が強いけど
それは男女の縁だけではく
全ての目に見えない「縁」を結ぶことにも
御利益があると伝えられている

このことをよく考えながら、
縁深い人達への感謝と
その人達の健康を祈った

あたしよく考えたら
神社で自分の事をお願いするときは
せっぱ詰まった時だけだっ

普段は
頭に浮かぶ人たちの健康を祈っている
もちろん両親や親戚はいつもその中にいるなぁ

だからか解らないけど
皆健康に生きて(自分も含め)暮らせているような
気もする。


そんないつものお祈りを済ませ
隣にある神楽殿へ行きびっくり



これが
あの有名な しめなわだった
長さ13メートル、重さ5トン!

DSCF2576.jpg






そして
神楽殿の中は薄暗く
静謐で神々しい空気が流れていた(写真撮れないくらいな)


DSCF2573_20101014212136.jpg


一瞬
涙が出そうで直視できなかった・・・

ふと
お隣のmoeさんを見ると
同じような事を言ってた


そんな人間の驚きの気持ちとは
全く関係なく
無の境地で佇むネコ

DSCF2579.jpg


堂々と
ペタペタと
神楽殿の前を通り過ぎていく(笑

DSCF2582.jpg


すっかり神楽殿にココロ持ってかれた後に
いよいよ御本殿の大屋根特別拝観へ

既に朝一番の拝観者たちが
椅子に座って待っていたので
その中に入り
拝観の説明を受ける

・60年前は足場が木だったから一般の人は入れなかった
 し巫女さえも上がる事は許されて無かった
・決して写真を撮ること、触る事は許されない
 神様との約束ですよ 
・縁というのは良い縁もあるけど悪い縁もありますよ
・次は60年後に見に来てください

と何やら物々しい雰囲気に
すでにmoeさん顔面硬直(笑

説明後
20人くらいで(スーツの人もいる)中に入っていく

ここでmoeさん「鳥肌たってきた」と。
ちょっと感じすぎなんじゃないかと思ったが(笑
でも明らかに違う空気が流れていた

大屋根のそばで、また説明を聞く


この御本殿は延亨元年(1744年)に作られたそうで(266年前!)
それから60年に一度大修繕が行われてきた。この平成の年まで。

間近で見ると屋根に使われている木が、古いけど太く美しく質が良いのが解る。
その木にできた虫食いや傷の跡を、新しい部材で補修していた。
部材の一つ一つに「平成22年補修」という焼き印を入れて、
次回60年先の人に恥ずかしくない仕事を見せる、との事だった

それと一部
今でも松ヤニの出ている木があるという説明を受ける
実際にその柱を見にいくと
まだ木が生きているかと思うほどに
松ヤニが垂れていた

この・・・生きる力・・・
凄すぎる・・・




拝観を終えて外にでると
すっかり二人とも力を無くし
抜け殻になっていた(笑


その後
因幡の白兎の銅像前で
相変わらず放心してたら

何故かふーっと
幸福な気持ちで満たされた
何か解らないけど

全てのことに感謝できる
全てのことが幸せなんだ
という

どこからかやってきた確かな実感

今までで、初めてだったけど
あの時感じた幸福感は
ずっとこの先も忘れたくないし
忘れない気がする




その後
すっかりお腹が空いたあたしたちは
大渋滞の駐車場を通り抜け(笑
出雲そばを食べ

DSCF2597.jpg


須佐神社へむかう

ここもまりねねちゃんに
教えてもらった場所

裏にまわると
ご神木にふさわしい大杉が

DSCF2607.jpg




近くには収穫の秋が

DSCF2615.jpg

まだまだ暑いその日だったけど
島根随一の秘湯へ向かった

その温泉を昨日のランプの湯で会った
温泉マニアおばちゃんは知らなかったけど
ここはきっと、ヤバイだろうと思い
かなりの悪路な山中だったけど
CUBE子の天才ナビ様の導きによりたどり着いた

それは
小屋原温泉・熊野旅館


普通の人には出雲大社に行った際に
行くことはあえて勧めないけど
秘湯好きにはたまらない
鄙びた感じ

DSCF2622.jpg

この湯船、元々「木」だそうで・・・
全く原型をとどめて無い・・・いい感じ・・・

もう少し
涼しくなったら温泉シーズンだなぁと
思いつつ、小一時間貸し切り風呂を堪能


その後
岡山方面に向かう

夕ご飯を
食べログで調べると、圧倒的にアクセス数が多い店が見つかる
それは居酒屋 さくら
http://r.tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33001423/

昨日の出雲だと食べログでのアクセス件数が
5とか3だったのに対して(笑)
ここは1200もある! その他のアクセスと相当大差で1位!

とりあえず向かうが
さすがに満席

ここで引き下がらず
近くの居酒屋で待ってるから
空いたら電話してくださいと店をでる

それくらい
美味しいニオイがしてたんだな。これが。

そんで近くの焼き鳥屋で一杯した頃に
電話があり店に行く

昼間はうどん屋さんみたいだけど
和風中心のお店

想像通り関西味が美味しい!
だし巻き絶品やった

DSCF2626.jpg

DSCF2627.jpg

地鶏も安くて旨かったー
岡山出張の際は是非!


そんでここは
店主・店員・客 
ほとんどが岡山県人のよう


あたし達が東京から車で来たと言ったら
一瞬引いていた
そして東京人を珍しいもんを見る目で見てた(笑

でもそのうち
あたしも関西人らしく慣れ親しく
喋りまくり地酒もおごってもらい
旅好きのオジサンにはオススメの島を
何十個も聞いた

最後に
若者に「どこに泊まってるんじゃ?」
「まさか東横インじゃなかろうなー!」と
言われたので思わず「裏のコインパーキングやで」と言いそうになるが
moeさんに「ダメ言ったら」という顔をされたから
「そうやで東横インやで色気ないやろうー」と答えといた(笑


そこから
岡山駅西口徒歩5分の我が家へ戻り(CUBE子)
翌日の瀬戸内に備えすぐに寝た

翌日起きてオジサンに教えてもらった島を
思い出そうとしても、1個も出てこなかった・・酔いすぎじゃ


サピコ


つづくーながいーーー(笑)





嵐の朝霧JAM 2010







2010.10.9-11
朝霧JAM 2010行ってきました


10.9

おときさん(加藤登紀子)のイマジンと
若い人たち(自分含む)を包む大きな愛に感動した

ハナレグミは
他の事考えながら聞いてた
いい意味で

PRINS THOMASは
後方で傘差しながらユラユラ~っと揺れてたら
気持ちよくなって
どこかのスイッチ入った(笑)

manu chaoのアンコール何回やったか解らない
ウォーウオ ウォーウォウォウォ ウォーウォウォウォ♪
で帰ろうとして何度も何度も引きかえした(笑)

※ここで携帯紛失 下記お知らせへ


10.10

J.A.M(piano trio from SOIL&"PIMP"SESSIONS)→
JESSE HARRIS→
LITTLE CREATURES

この辺で昨年同様
テキーラトニック祭り
なんであんなに、野原で飲む
テキーラは美味しいだろな・・・

ラスト
BLACK BOTTOM BRASS BAND
では
ワッショイワッショイ
関西のノリを楽しんだー

知らない若者も一緒に
知らない写真も一杯・・・




10.11


昨日までのぐずぐずした天気が嘘のような晴天!!!
上記写真のあるように
ダイヤモンド富士が見れました


今年の春にスノボで滑った
ので
なお格別でした!



とザックリ
こんな感じで


大雨で辛かったりしたけど
でも
大雨だから
はじけたり飲んだり食べたり踊ったり
楽しかった


あたし
小さい時、保育園の園庭で
雷がなる中、一人大暴れして
バスタオルに絡まって骨折したそうです。

そんな大雨とか、嵐とかで
燃える気持ちを
久しぶりに思い出しました・・・

あぁ三つ子の魂アラフォーまでやなぁ・・・







チケットとか運転とか料理とかテントとか椅子とか用意してくれて
皆さんあざーーっす!!!
富士山さざーーっす!!!

goraikou2.jpg

Photo:moritomo サンキュー!




※お知らせ追記:

終日大雨の予報だったので
水没をおそれて
カメラ持っていかなかったのだけど・・・

かわりに
踊ってる間にポケットが破れて
携帯紛失→見つかったけど水没してました(涙)

4年前くらいの前々回の携帯から
メモリ吸い上げたけど
最近アドレス帳に登録したデータが
ありません・・

ここ最近
au→softbankに変更した方。
docomo→softbankに変更した方。
とっても多いです・・

メアドは変わらないので、
すいませんがパヤシのメアドに
空メール送ってくださいまし。


あたしも
au→softbankに気持ちが流れそうになったけど
auの安心サポートに入ってたので
代用機をサッと渡されました

ピンク色の携帯で気持ち悪いけど、
やっぱり無いと
困るよね・・・

という訳で
よろしくお願いします・・ス、スイマセン・・

サピコ

女2人走行2000キロ・車中泊の旅その1

2010.9.17(金)~9.21(火)
渋谷→鳥取→松江→出雲→岡山→豊島→吹田→京都→伏見→渋谷

女2人走行2000キロ・車中泊の旅その1



9.17(金)
pm23:00
渋谷宮下公園下の
24時間営業ジャパレンにて日産CUBEピックアップ

旅のお供moeさんには車があるのだけど
今回の旅路には耐えられそうにない
味のある古い車なので(笑)
レンタカーに

4日間で20,800円だし
途中で故障する心配のない
ナビ様装着のレンタの方が安心安心。

ジム子(ジムニー)ゴメンよ

という訳で
CUBE子との旅が始まった

※車は女性扱い・ナビは様扱いで



9.18(土)


眠い目をこすりこすり
交代でひたすら東名を西へ走る。
am3時頃の浜松あたりが一番眠たいところ・・


途中ナビ様の思し召しで
第二名神に吸い込まれていく。

am4:00
四日市に入り
車窓から見える
工業地帯を染める朝焼けを眺めると
旅に出たことを改めて実感できた



am7:00
大阪吹田インター近くにて
大渋滞に巻き込まれる

我が故郷のシンボル
太陽の塔を高速道路の車中から
じっくりと見たのは初めて


相変わらず
独特のエネルギー発しすぎ!
いつまでも吹田に帰ってきたパヤシを
そのお顔で迎え入れて欲しい




pm13:00
鳥取砂丘に到着

DSCF2477_20101004184258.jpg


日本で一番大きな砂丘へ
初めてだった。大阪から近いのに。

DSCF2494_20100929190609.jpg



砂丘上空は青空が広くて
飛行機雲がすいーっと
大山の方に伸びてた


DSCF2489_20101004184153.jpg



pm15:00
小学校の時に登った大山
を左手に松江方面へ




大山は西日本で一番高い山
小学校のあたしには
登山の面白さが解らず
山頂に大集結したハエの思い出しかなかったけど
今見るととても美しい山だった

DSCF2496.jpg




ここで初めての給油
CUBE子燃費もいいね、ええ子ええ子。


DSCF2502.jpg




pm16:00
島根県民まりねねちゃんから
聞いた八重垣神社へ

DSCF2512_20101004184153.jpg



ここでは面白いおみくじがあって

100円でおみくじというか
占い用紙を買って紙の中心に10円玉を置き
鏡の池に浮かべると
文字が現れる

この紙が15分以内に沈めば
良い縁に恵まれるという
ヤングな女子が大好きそうな占い。

うちらも
やってみようと言うと
戸隠で奇跡の「」を引き当てたmoeちゃんは
絶対に15分以上かかるだろう
という負のイメージが強く浮かない顔。

もうせっかく
遠路遙々来たんやから
やろうや と半ば強引に用紙を買い
いざ鏡池へ

相変わらずmoeちゃんは
どよ~んとした顔で
紙を浮かべると

3分もたたないうちに
10円のくぼみが出来て
その重みで紙が折れ曲がっていく


DSCF2518.jpg

DSCF2521.jpg


あれ?
もう沈んでいくーーー!
あ!パヤシさんより早いですよーーー!


どよ~ん顔から、どや顔へ・・・・

たかが占い
されど占い だな

島根に行った際は
出雲大社より古い八重垣神社へ是非


pm17:30
そこから
宍道湖の夕日を見るべく
急いで車を走らせる

松江市の
宍道湖(しんじこ)の夕日に対する
力の入れようは半端なく

日本初の週間夕日予報まで出してる(笑)

yuuhi_20101005174713.jpg



そこまでするにゃら、見てみようと
宍道湖に着くと
既に夕日待ちの人達が集まってる

※多分連休中なので島根単位でいうと
凄い人が集まっているんだろうけど
東京でいうとお台場の100分の1くらいかな


この日も綺麗に見えました

DSCF2528.jpg

DSCF2530.jpg

常夏の島で見るギラギラの夕日もいいけど、
はんなり~と日本海側に沈む夕日もええね。


旅に来たら夕日が沈む時間を
堪能できるのがいいよねー

ポラロイドもここまでは順調に撮れていたのだが・・・

DSCF2540.jpg




pm18:30
山陰道を出雲方向に走る

DSCF2544.jpg


降り口でナビ様が「700円です」と言ったあと「0円です」と
訂正されて
さすが出雲、神様の国やなぁと感心してたんだけど・・・

よくよく調べると
高速道路無料化社会実験の対象区間に指定され
2010年6月28日から2011年3月31日まで
山陰道の有料区間全線が無料とされた。


との事だった・・・
それにしても無料って! 3/31までかなりお得やん。素敵やん。


pm20:00
出雲駅前のランプの湯に入り
ご飯屋(飲み屋)さんを探す

まりねねちゃんにメールで聞いたら
最近はよく解らないけど、出雲だからどこに入っても
東京より美味しくて安いよと返信きた


待機所にいたタクシーのおっちゃんに
オススメの店はありますか?と聞いても
出雲だからぼったくられても、たかがしれてる。どこでも美味しいよ」と
言われた(笑)


出雲だから・・・

妙に説得力のある言葉に安心して
一か八かで入ったお店で夜ご飯

DSCF2546.jpg

DSCF2547.jpg



新鮮な海の幸が低価でっ
ほんで
う・うまい・・・

だけど
22時にはラストオーダー!早!



という訳で
はしご酒 

DSCF2550.jpg

↑すげー顔の地魚! 名前忘れた~


2件目も
行き当たりばったりだったけど
美味しかった&安かった・・・
そう、それは出雲だから・・




この日のお宿は
出雲駅前の駅前パーキングにて
エアマットと寝袋完備で車中泊(笑)

翌日は早起きして
いよいよ出雲大社。

出雲だから駅前でも
暗くて静かでスッと寝れた(笑)


つづく・・




サピコ






長い追記:


初夏から乱れてしまった
自分のグラグラした部分が
ずっと修正できずにいた。

でもグラグラな時は
時の流れに身をまかせるのが一番

最後に初秋の偏西風でグワングワンに
脳を揺さぶられて(笑)
よーやく
グランディングできてきた。


様々は
心境の変化、住居の変化、
彼氏ができたり別れたり(サラッと笑)が
あったけど

今はまた
ちょっとした奇跡が重なって
新しいステージへ
向かっています


8-9月は圧倒的に
日記を書かなかった

ブログは
書けない気持ちの時は
書いてもしょーがないし
時間が勿体ない(読む人も)

きっと知らない間に
いやーな文章になるしね(笑)


でもふと
「サピコのブログ、コメントしてないけど読んでるよ」と
教えてくれる友達がいると

あぁやっぱり旅したら
その場の空気とかシズル感とか
写真見て少しでも知ってくれたらなぁとか
思うんだよね

だから気持ちが落ち着いた今
長ーーいけど
書いたよ


ちゅーわけで
つづきはまたブログで・・・





瀬戸内国際芸術祭のきっかけブログ


シルバーウィークの写真多くて・・・
でも今週末の朝霧までにはアップします!

蕎麦でも食べて
しばしお待ちを・・・

DSCF2595_20101004190557.jpg



こちらは出雲大社前にある
八雲本店

朝から蕎麦ってのもいいんだよねー美味しうございました








そんで
瀬戸内国際芸術祭
ナポリタン先生も8月に行ってて、
このブログみて、やはり行きたいっ!と思い
その中の一つ豊島に向かったのでした
http://tarubitwu.seesaa.net/article/158962658.html


DSCF2661.jpg


ポイントは「あえて調べないで行く」所だけど(笑)
参考にー(結構まわりで行く人がいるんだよなぁ)


サピコ




修正しました(笑)

×瀬戸内芸術祭
瀬戸内国際芸術祭


カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

パヤシサピコ

Author:パヤシサピコ
しごと:グラフィックデザイナー
あそび:スノーボード・登山・海
おさけ:たしなむ程度(うそ)

最近の記事+コメント
カテゴリー
QRコード
携帯でも見れるよ
QR
検索フォーム
今日の天気は?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
moon

満月の月齢は
およそ14.8前後ですが
このブログパーツでは
14.8±0.5の間を
満月と表示しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。