スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仇討spa by無駄ぱい


こんばんは。

先週の土曜日は、えー福町で、新年会だすた。
新年会と同時に「えー福のお知らせ会」だったので、
寿司がでた。
あっという間に寿司は無くなったが、
えー福の2人は福に満ちあふれていて、
あたいは嬉しかったな。
厄年だけど、えー福の話しなんかもある。
えー事もあれば、えく無い事もある。

えく無い事と言えば、もう冬がどっか行ってもうた。
えー福の帰りのそのまま、20号で長野に向かったのだが、
しばらくずーーっと雪なんぞ無い。

こりゃやばいかな、と思ったけどさすが標高2000mまで登ると
なかなかの、えー雪が10センチくらい積もっておった。
スキー場は初めて行く「ピラタス蓼科」





春スキーの様な空。





午前中オンリーのゲレンデ。

どメローで、えーかった。
今年は新潟コンディション悪いので、長野が有力かもぞ。

スノボの帰りに、蓼科温泉へ。



この標高差のある長い階段を登ると左は男。右は女。

女風呂の名前は「仇討風呂」
見た感じは普通なんだが、仇討?? 




実はここは「女風呂から男風呂が」覗けるんだす!!
いつも覗かれまくっているであろう、
女が覗きかえすので「仇討風呂」


残念ながら、
殿方のお粗末なものを拝見する事が出来なかったけど
これはかなりの優越感。
でも覗いているのを、覗かれていたら、もっと恥ずかしいな。。。



仇討風呂の掟

見られるばかりじゃ不公平
たまには見たって悪くない
ただし小さかったと言わぬが掟


帰りは山梨名物、小作の「かぼちゃほうとう」。
仇討後の「ほうとう」は相当旨かったす。



ちなみに言わなくてもいいんだが、
あたいの「おっぱい」は「無駄ぱい」だそうです。





スポンサーサイト

コソコソっと秘湯

こんばんは。

先週の土曜日は新潟「田代、かぐら、みつまたスキー場」へ




朝一のゲレンデは先週の八海山とは違い
整備されてて微軽パウを楽しむ。
でも本当に今年の雪は少ないです。
深刻です。

田代からいつも行く「かぐら」までリフトを乗り継ぎ、
いつものボウルに入っても
雪がついてないから、小枝にぶつかりまくりました。

小枝を必死で避けたり、
ブッシュをジャンプしたり、
サイドの雪壁に当て込んだり。。
30歳過ぎた女のする事では無いなと、
後で実感しました。。。


30歳過ぎた女の休日はこれでしょ。

日本秘湯を守る会 認定の秘湯「法師温泉」
http://www.houshi-onsen.jp/index.htm








秘湯だけど日帰り温泉もあり。
でも14時までなので、何度か挑戦したけど入れなかった。
今回は絶対入りたかったので、
スノボは午前中一杯で切り上げて、急いで秘湯に向かった。



国登録有形文化財の混浴「法師乃湯」に入りたかったけど、
混浴は青森の酸ケ湯温泉で苦い思い(全身凝視)をしたので、
女性専用風呂の「長寿乃湯」へ。

13時30分に入ったので客は3人しかいなかった。
洗い場は結構寒いしシャワーは無いので
急いで体を洗って、お湯の中へ。


久しぶりに100%源泉掛け流しのお湯。(加水、加温無し)

わーーーなんだこれーーー

味わった事の無い幸福感。
いや、沖縄の座間味シュノーケル以来の気持ち。

そうおかあちゃんのお腹の中みたいな。。。
もう何時間でも入ってられる、そんな感じだった~
ほんと、お風呂で初めての体験。


宿のHPを見ると
>ご婦人専用の長寿乃湯は
>利用源泉に関する項目(源泉・泉質・引湯)と
>浴槽利用に関する項目(給排湯方式・加水・新湯注入率)で、
>自然度・適性度の目安に、日本天然温泉審査機構より
>6項目全て満点の評価を頂いております。


とありました。
誰が入っても、絶対満点がつきます。


東京からも近いし、是非おすすめ。
かあちゃんとも行ってみたいな~なんて思いながら、
猿ケ京過ぎたあたりのうどん家へ。

群馬といったら、こんにゃくでしょ~うどんでしょ~
ビールでしょ~





あ、忘れてたけど
先ほどの法師温泉は「秘湯」なので
人に教える時はコソコソっとね~
今ならまだ秘湯なので、
時間帯をずらせば空いています。

884の穴




こんばんは。
我が家にデロンギのオイルヒーターとやらが
やってきたが全くもって寒い。
かじかむ指で打ってます。

先週からどばっと一週間。

先週末は爆弾低気圧まっさかりでした。
新潟は直撃だったので長野方面へ。
長野は乗鞍スキー場へ。

多分誰も知らないと思います。僻地です。
ドパウダーを吸っては、吐きながら滑りました。
午前中のみでお腹一杯。
ゲレンデから香る硫黄の香りに誘われて、
乗鞍高原温泉「湯けむり館」へ
http://onsenbaka.jp/nagano/onsenpage.php?id=187





でました。乳白色の湯!!
これに入らなければ温泉の気しまへんな~
日帰り温泉にしては相当レベル高いと思いました。
が結構な難所なんで、スピンしている車多数いました。

で近くの蕎麦屋「いがや」へ




これまた長野って言ったら蕎麦だしょ~
しかしここもまた4駆オンリースポットだす。うまいだす。

うんでもう少し爆弾低気圧を避けるという事で
長野のかなり下の方御岳へ。殆ど岐阜やな。
途中晴れてきたので一安心。
それまでかなりの車がうもってました。怖かった。。


んで御岳で車内泊。
起きたら扉が凍って壊れた。かなり怖かったけど
暖房かけつづけたらなおった。ずっと閉まらなかったら
ガムテープで扉を押さえて帰らないといけない所だった。

んで御岳は乗鞍とはうってかわって、いい天気。
悪そうな腰履きの若者がどえりゃーおった。
にゃんか皆名古屋弁にゃったみゃ~

んで一回山降りて、風呂の為また山を登る。



また雪が降って来て怖かったのだけど、
山深い所に良い風呂有り。
「やまゆり荘」
http://www.kis.janis.or.jp/~yamayuri/onesen.html

ここまた茶褐色でええやないの~



風呂の更衣室で、名古屋弁のおばちゃん達の会話が
「@%&でみゃ~$#*でりゃ~*?どえりゃ~みゃ~`+@~でりゃ~バックでみゃ~&でみゃ~」

「バック」だけしか聞き取れなかった。外国だな。



んで今週の日曜日は
高田の馬場「俺の空」でつけ麺800gぺろっと食べて、




爆弾の落ち着いた新潟八海山へ。
ここまた山全体開放した旭岳にちょい近い雰囲気。雪は重いが。。

これまたオモパウですが、お腹いっぱい、いただきました。
あー北海道のカルパウが恋しい。。なんて贅沢は敵だな。

んで八海山近くの「喜八」へ。


ここもまたまた旨いラーメン屋でした。地元民で一杯だった。

しかし週末は麺しか食べてない事に気づく。。
だって寒いと、温かい麺がひとしおなんだもの~。太るな。。。


んで「六日町清流館」へ
http://www.seiryukan.co.jp/bath.html

ここには森下仁丹の「薬仁湯」というのが名物だそうで。
早速おばちゃんにまじって入ったのだが何かおかしい。

なんかお尻の穴がピリピリする。
でも特になんも説明には書いてない。
おばちゃんは相変わらず世間話に夢中でいたって普通。

耐えろ。
でもぴりぴりぴりぴり。。。もしかして切れジ???

もう2分くらいで限界になって、
でも何事も無かったように「薬仁湯」からでました。

なんかおかしいな~って思いながら風呂を出ると
風呂の出口に「薬仁湯」の説明書きのポスターが貼ってあって
そのイラストが何故かおっさんなんだけど

「局部を押さえて入りましょう」って書いてた!!

おっさん目バッテンにしながら、
オチンチン押さえながら「薬仁湯」入ってた!!


なんだ柔らかい部分はピリピリするのね~
良かった~ 切れてなくて~♪

あのおばちゃんたちの、お尻の穴は相当鍛えられてるな。。
と痛感したそんな日曜日なのでした。




カムイミンタラ




カムイミンタラとは、

アイヌ語で「神々の遊ぶ庭」という意味です。

具体的には北海道の中央部にある大雪山系を指します。

なぜ神々の遊ぶ庭というのかは

一度登ってみるとわかります。

2006~2007の年越しは、

神様に遊ばれて過ごしました。



以下旅日記
12/28
東京より八戸港へ車を飛ばす。
雪は降らず。
眠らず。

限界ぎりぎりで、早朝6時に八戸港着。
八戸から出航の船内には風呂があり、
海の真ん中で入浴。
いい旅の始まりだ。




12/29
PM16時
苫小牧港着

密かに熱い苫小牧ラーメン店へ
確かにでかい苫小牧「花まさ」の五目あんかけ焼そば

夏の甲子園準優勝校
苫小牧高校の選手がこぞって来てるそうだ。
そらそうだ。この量だ。




苫小牧より下道で名寄へ。
北海道で久しぶりの車内泊。



12/30
うむむ。。寒さで目が覚める

とそこは、ダイアモンドダスト天国。
雪質日本一の名寄ピアシリスキー場。

雪の形が、雪印 そのまま。



晴れたので、少しハイクアップ。
晴れたので、少しフォトセッション。




雪山ではこの防水ハウジングに
カメラを入れて撮影しております。


んで格安のお宿。






床がピカピカ。
客がテツだった。


※テツ=鉄道おたく

この日は、いくえみ陵の名作
「I LOVE HER」があったので10年振りに一気に読んだ。

昔より「キュン」とならなくなった。
ちとショックだな。大人になるってのはな。


12/31
宿で名寄ピアシリスキー場のチケットを
2000円で買う。安すぎる。

晴れたのでまた、ハイクアップ。




昨日よりも美パウで、空中浮遊を満喫。
ここは本当に素晴らしい。
観光客も殆どいなくて、
北海道のローカルスキー場の
実力を知りました。


そのまま美馬牛へ。



年越しパーティも初詣も疲れ果てて
寝てしまった。
でも心地よい疲れの中で熟睡できて、
いい年越しだったかも。


ここにもテツがいた。
廃線テツもいた。
テツは時刻表を手放さなかった。

※テツ=鉄道おたく


1/1
大雪山黒岳へ





黒岳でも天候が安定していた為
ハイクアップした。が
途中でドエライ風。

神様、イタズラが過ぎますよ。。

でも初めて晴れてくれたので、
初めてあそこまで、登れました。ありがとう。

温かい上川ラーメンが身体にしみます。
仲間達のぬくもりも心にしみます。




そのまま旭岳白樺荘へ。
去年に引き続き宿泊。

露天風呂のある、YHはそうそうありません。
レベル高過ぎです。
2食付きで5,690円!
正月の朝食はオセチですた。




朝一の満載ロープウェイにのって、
1年振りの山に再会。




晴れてくれて本当に嬉しかった。
神様はついていた。


1/2
朝一もう一度、旭岳へ。
昨日よりも天気が良く、山全体を思い切り楽しめた。
ここはやっぱり別格かも。
雪質よりもコースがたまらなく開放的で
たまらなく魅力的だ。

でも一つ間違ったら、即「死」が待っている。
一昨日も1名亡くなってしまった。
自己責任の問題が自由と引き換えに重くのしかかる。

来年も山に遊んでもらう為には
本当に気を引き締めなければいけない。


で、午後は旭山動物園へ。
しばし画像をお楽しみくださいまし。






空飛びペンギンにはまります。大人の方が。














このシロクマの足!!








このアザラシの顔!!


そしてペンギンの行進。
大人も子供もペンギンも嬉しいのだ。





ここは冬に行くべし。
早めに行くべし。
大人590円くらいだし。

旭山動物園のあとは、旭川青葉ラーメン食べて
再び苫小牧港へ。

再びフェリーのって、船内風呂入って
八戸へ。


そこからなんと、ひたすら下道を走る。


1/4

途中、初日の出



途中、仙台牛タン


途中、福島飯坂温泉


で、無事に夜12時東京に着きました。



今年もやっぱりこんなあたいですが、
やっぱり今年もヨロシク。ね





旭山動物園ネタ


明けました
ことよろ(死語?)
昨日の大晦日は
パーティーで疲れ果てて
カウントダウンの瞬間は夢の中だった…
今は北海道の真ん中らへんの
旭岳にいます
神々しい山に明日一年ぶりに
会いに行きます

山なんかに興味ない人にはこのネタを

明後日は
日本一来園数の多い
旭山動物園に行きます~
ペンギンと一緒に
行進して写真撮るから新年のニュースチェックよろしく

今日の黒岳
HIDY ミータン ユキエちゃん
ありがとう~

新年に墓参り行くなよ!

カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

パヤシサピコ

Author:パヤシサピコ
しごと:グラフィックデザイナー
あそび:スノーボード・登山・海
おさけ:たしなむ程度(うそ)

最近の記事+コメント
カテゴリー
QRコード
携帯でも見れるよ
QR
検索フォーム
今日の天気は?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
moon

満月の月齢は
およそ14.8前後ですが
このブログパーツでは
14.8±0.5の間を
満月と表示しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。