スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかんのカナダ日記

おかん



おかんが、ワードでカナダ日記を作りました。
すごい上出来です。(携帯で見れない人ゴメンやで)

あたしにはワードでこれは作れません。

おかんは
いつも友達と旅に行くと日記を作るのだけど、
あたしが実家に帰るたびに、あれこれ注意。

「もっとタイトルはおおきく!」
「改行がおかしい!」
「写真のメリハリを利かせて!」

散々な鬼娘ですが、
そのかいあってか、今回はなかないい出来です。

おかんレベルでは、80点!!!

あと20点は細かいツメのところで、
「写真の天地をあわせる所はあわせる!!」や!!!!



ガンバレおかん。


サピコ


スポンサーサイト

カナダ日記@2008/3/30AM


またまた久しぶりのカナダ日記
記憶が薄れていますが、
忘れないように最終日AMです。


最終日も澄んだ空気の中・・
市内観光ツアーへ

ホテルの前では
人間の形に組み立てられた「イヌクシュク」がお見送り。


00_20080606202152.jpg 

 「イヌクシュク」は2010年に開催される
 バンクーバー冬季オリンピックの
 キャラクターに決まったので
 今後目にすることが、あるかもしれません。

 なかなか覚えにくくて、変な形で、
 しかも謎に満ちている彼です。

 どうして造られたか、
 明確な理由は解らないようですが
 広大な極北の大地を誰にも会うことなく
 旅する人々が寂しさを紛らわす為に
 建てたとも言われてます。






そう聞くと
なんだか可愛げがないようで、あるでしょ彼。
覚えてあげてね「イヌクシュク」
いつか遭難した時に現れたら声をかけてください。
(そんなシチュエーションて・・・)


そして市内観光へ・・
市内っていっても、本当に小さい町なので
車に乗って1分後到着したのが「州立法議事堂」

01.jpg


白クマくんがデーーんと。
日本で見ると違和感を感じる敷き皮でしょうが、
カナダは動物と人間とのバランスが良いせいか、
そこにいることを
すんなりと受け入れられる感じがしました。

その他の展示もゆる~い感じ。

02_20080606202212.jpg


にしてもダイアモンドの写真が綺麗に撮れなかったよ。
あたしには必要のない輝きなのかしらん!?

うーむ。
やはりあたしには石を積み上げた「イヌクシュク」
がお似合いなのかもね・・


午後につづく・・


サピコ


カナダ日記@2008/3/29 PM

久しぶりのカナダ日記
何もなかったようにするっと更新します~

参考:前回までの日記はカテゴリーのカナダを見てね


ケンチキ(関西ではケンタッキーをこう呼ぶ)での昼食後
氷の張った湖での犬ぞり大会を見に行く。

そこに並ぶ「犬ぞり犬」を運ぶ車の窓が可愛いのです。

DSCF8463*

 もったりした熊だったり




DSCF8470*

 愛くるしい犬だったり




DSCF8468*

 ひゃーっと速そうな犬だったり






      DSCF8500*

    ど
     こ
      ま
     で
    も
    突
     き
      抜
     け
    る
   カ
    ナ
    ダ
   ブ
   ル
    ゥ
     の
     空
     の
    下
    ・
   ・
   ・
   ・
  ・




よーい どん!


DSCF8479*




DSCF8493*


 一斉に走り出すんだけど、
 犬は興奮して、
 お互いを「がぶがぶ」してたりする!


 グガーーって・・
 犬の本能むき出しの姿って、
 なかなか東京では見れないんで貴重な姿。
 本来の犬の姿 かなぁ ちと怖いけど・・。





上空では「野生のカリブー鑑賞ツアー」であろう
セスナがひっきりなしに飛ぶ。

DSCF8503*



日本に戻って星野道夫を読んで、カリブーを見なかった事を後悔・・
原始のままの大地に生きる
野生動物を上空からでも見れるチャンスだったのに・・残念!


その後イエローナイフの町を散策。

DSCF8505*

DSCF8504*



このトーテムポールは贈り物だそうで(イエローナイフでは大木が育たない)
上からサンダーバード、シャチ、オオカミで、
それぞれ空・海・陸の神様だそうです。

カナダ極北は自然が厳しいから、
自然の神様への敬意を忘れないんだろうな。
今まで日本で見てたお飾り的なトーテムポールとは
違った意味合いを感じる。


その後犬ぞり体験ツアーへ
「母子子母」4人で、枝豆みたいに詰め込まれ乗り込む・・

DSCF8509*



操縦は午前中レースに出てた世界第3位・キャリア30年の犬ぞり師

先頭には同じくレースに出てた、現地の若い女性が乗り込んできた。
どうやら、世界第3位の腕前を同乗して体感してたみたい。
桃栗3年・犬ぞり師30年か(勝手につくった)

青い空と白い氷しかない湖の上には、私たちと犬だけ・・
シーンと澄み切った世界で聞こえるのは、
犬の走る音と、そりの音だけ。

DSCF8520*


爽快かつ穏やかな時間だった。


そして犬舎に戻って待っていたのは
生まれて1ヶ月の子犬たち!!

DSCF8542*





 なんだ?


 だれ?


 だれ?


 なんだちみは?


 さわって!


 ぼくも!


 ぼくも!


 あたちもーーっ!


 ぺろっ


 ん?


 ぱくっっっ!


 痛い 泣!







 てな感じで寄ってきてミューミュ言ってる・・たまらない
 この犬、欲しいといってみたら
 「50万以上するんです」との事。
 れっきとした「犬ぞり犬」という血筋の彼ら。
 ずっとこの大自然の中で育った方が幸せだな。
 にしっても可愛かった・・






その夜もオーロラ鑑賞ツアーへ
犬ぞり体験で仲良くなった犬好き母子に
「ノーザンミット手作りプラン」で作った
手袋を見せてもらう。

DSCF8559*


すごーく可愛い。けど多分あたしには難しい作業だろな・・
自分でビーズや糸を選んで、好きな様に縫い縫いするんだってさ、
多分旅の間には完成できないだろう・・泣



で、この日も見事オーロラ爆発!
昨日は解らなかった「ピンク風味」だけど
なんとなく解るようになる。慣れってすごい。

29.jpg


犬好き母子も
椅子にヒーターが入った「ぽかぽかチェア」が一緒だったので
空を眺めながら、
滝マニアな娘さんがまわる「秘境」への旅の話を聞きながら・・
旅を愛する人たちは、
旅で出会うんだなぁなんて思いながら・・
忘れられない楽しい時間を過ごせた。

旅は道連れ。
たまたま でも いい人といい時間に
巡り会えた事に感謝。



最終日につづく・・

頑張れ更新<サピコ

カナダ日記@2008/3/29 AM

翌日は起きたら10時くらいだっけな。
おかんは前日夜更かし(時差ぼけ?)のため
全然起きてこず・・・
「いい加減起きなさい」と叩き起こす(悪娘)

叩き起こして行く先は、イエローナイフの町。
あ、ここがエクスプローラーホテル。

     DSCF8458*


本日も晴天なり。
カナダブルーがまぶしい。

で、ランチに向かった先は「ケンタッキー」・・・
海外でマクドとかファーストフードに行くと、微妙に味が違う 
でも決してまずくは無いので、前日のホテルよりかは
ましだろう という事で安全パイの選択でした

で必死の注文。
店員はピアスに入れ墨の外人(もちろん)君&観光客ゼロ地帯だったので
かなりびびりながら、ファミリーパックみたいなんを頼む。
おかんは結構余裕だったのが不思議。あたしがビビり過ぎなのかな・・・


     DSCF8460*


んで味は多分日本と同じ。そいういえば日本でここ10年くらい食べてないので、
食べ比べできませんでした。ただサイズはでかかったな。

その後「犬ぞりレース」の会場へ向かう。
途中で走る車のナンバーを見ると「シロクマ!」

     DSCF8459*


うへー可愛い。これは後で知ったけどこのナンバーはネットでも人気だそうで・・・
お土産に買ってくれば良かったー日本もご当地ナンバー作ったらいいのにね。
もちろん吹田は、太陽の塔だよ。

でPMにつづく・・・(短っ!)

サピコ

カナダ日記@2008/3/28

夕方17時 成田発~

今回はすべて航空会社はエアカナダでした。
映画が少ない&スッチーが愛想ないので、
エアカナダよりJALの方がいいなー
なんて思いながらもビール沢山飲んで快適な空の旅
飲むからなんでも一緒か・・・

んで日付変更線を超え、
バンクーバー空港(3ヶ月前も利用・・・)を経由し
ようやくイエローナイフ空港到着。
わたし好みのミニミニ空港。タラップを降りると、
シロクマがお出迎え~

      DSCF8441*



んでやっぱさぶい~~わ!
送迎の日本人が「今は16度ですよ」というので
え??16度!!?? って聞いたら
「え、マイナスです・・・」と、当然だよね・・・

車で10分程でエリザベス女王様も泊まった
エクスプローラーホテルに到着
夜ご飯は初日で疲れたし、この後オーロラ鑑賞があるので、
高いけどホテルのレストランで食べる。

わーい サーモン!
美味しそう~~~~

      DSCF8446**


だけど今回の旅で一番、美味しくなかったです・・・
こんな事は言っても仕方ないかもしれないけど、
サーモンがヌルいって、日本人で美味しいと思える人いるのかな・・・
ファイトだ! エクスプローラーホテル!
日本人は、はふはふ言いながら、ご飯を食べるのが幸せな人多いんだよ~!
といつかカナディアンシェフが、この日記を見る事を勝手に期待します。

んでオーロラ鑑賞が午後9時~深夜3時までなので
仮眠したけど全然寝たりない感じだった。

まあそんな初めての時差ぼけぼけぼけのまま
南極でも生きていけそうな「デラックス防寒着」を着用し
いざオーロラ鑑賞へ。

そこは車で30分程度走った所に存在する。
町の光の影響をまったく受けない、オーロラ鑑賞ワールド。
到着するとすでにオーロラが発生していた。

でもまだそのオーロラは、ぼやーっと天の川くらい。
これがオーロラかーふぉえーーなんて空を眺める事1時間。

突如として動きが変わる。

見た事の無い景色。
あれよ、あれよという間にオーロラが変形し、
自分の頭上で巨大カーテンがヒラヒラ舞って踊っている感じ。



      28-1_20080416205221.jpg




「爆発した!」所々で皆歓喜の声
そう、これがブレークアップといわれる現象なのだ。
その瞬間はもう本当に興奮して、同時に涙が出てきました。

     人間は自分の想像を超えた、
       景色を見ると自然と涙がでる


というのは数十年前に何かのテレビで見た事があるけど、
あたしの流した涙はそれだったかもしれないな。

嬉し涙、悲しい涙、笑い涙、
そのどれよりも意味がある涙だと感じる。


でも涙を流すと、まつげが凍るのであまりワンワンは泣けませんよ(笑)


しばらく10分くらいかな、爆発があってその後落ち着いたので、
暖かいテントでミートボールをいただく。
極寒で温かい食べ物。これ以上の御馳走てなかなかありませんな。

    DSCF8453*


あーしかし、あの破れた空ってのは怖かったなーなんて思いながら落ち着いていると
「また、爆発してます!」という声で皆いっせいに外にでる。

今度は縦に爆発。

ガイドの人は「ピンクが混じってましたね」と教えてくれたのだけど
その色の差はまだ解らなかった。目はいいんだけど、まだ解らなかった(明日は解るかな)

という事で初日からオーロラ満喫して
深夜3時にホテルに戻る。

もちろん時差ぼけぼけぼけだけど、わたしはすぐ寝たよ。
おかんは、風呂とか入ってこっそり何か食べてたな・・・

続く・・・

サピコ



カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

パヤシサピコ

Author:パヤシサピコ
しごと:グラフィックデザイナー
あそび:スノーボード・登山・海
おさけ:たしなむ程度(うそ)

最近の記事+コメント
カテゴリー
QRコード
携帯でも見れるよ
QR
検索フォーム
今日の天気は?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
moon

満月の月齢は
およそ14.8前後ですが
このブログパーツでは
14.8±0.5の間を
満月と表示しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。