スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たつこ

たつこ







さぴこ

スポンサーサイト

涸沢ヒュッテ

2011.9.17-18
長野県の涸沢ヒュッテに
行きましたよ

DSCF4308.jpg

後ろに見えるのは雪






DSCF4316.jpg

DSCF4321.jpg

解りくいのですが
これは朝です↑




明神池

DSCF4343.jpg


DSCF4334.jpg



上高地からの穂高

DSCF4357.jpg




今年は夏山はこれで終わりで
次は雪山!!!

もっと鍛えたいと
ついて行けないーーー

がんばらないと

サピコ








朝霧のご来光

2011.10-8-10
朝霧ジャム2011にて
最終日のご来光



今年は一ミリも雨が降らなかった!

そしていつものように
終始ピースフルな雰囲気でしたよ


CARAVANの
朝霧で唄うのが夢だったという言葉が
印象的でした

誰かの夢が叶う瞬間


その瞬間に居合わせるという事は
普段の生活では滅多にないし



声を大にして
今幸せです、嬉しいです

という言葉を聞くと
こちらまで幸せな気になるんだなぁと
思いましたよ 今はとくにね


楽しかった
朝霧JAM 2011

DSCF4452.jpg



DJ SHADOW 格好良かったーーーー

サピコ






夏の思い出カムバック@伊豆大島

もうすっかり夏休みは
終わってしまったけど
夏の思い出カムバック

DSCF4095.jpg



2011.8.18-19
伊豆大島へ

偶然にも
波浮港や旧波浮小学校で開催されてた
2011波浮港現代美術展を
ふらりとみてまわる

ArtIsland-Poster_converted.jpg


島とアートを結ぶ、
第1回目の美術展だそうよ


会場となった
旧波浮小学校は普通の小学校とは
ちょっと違った雰囲気

DSCF4074.jpg




いいなぁ~
こんな自由な作りの学校

DSCF4080.jpg




あたしは
グレーやベージュの
四角い校舎で育ったから
特にそう思うのかなぁ


DSCF4078.jpg

DSCF4094.jpg



自由な棚や窓
丸い吹き抜け
ペイントがいいよ


DSCF4096.jpg


こんな突っ込みどころ満載の
楽しい校舎なのにねぇ
廃校になってしまうのは
もったいないねぇ


DSCF4093.jpg

佐賀じゃないで、そこ滋賀やし







壊さないで

たまにはこうやって
手作り感のある美術展なんかが
開催されるといいね


DSCF4088.jpg




一番
音楽室での展示が好きだった


DSCF4097.jpg

DSCF4100.jpg



ちなみに
2011波浮港現代美術展 やりましたよ展

報告展こと2011波浮港現代美術展 やりましたよ展の開催に関するお知らせです。
9月9日から18日まで、東京四ッ谷のランプ坂ギャラリーで開催。

だそうです。
近いし行ってみようかな、四ッ谷。






そして
三原山がガスって
視界0メートルに近く
登れなかったので
なぜかリス村に・・・


よくある
小動物との触れ合いですよ



DSCF4175.jpg

DSCF4176.jpg


ここで
リスがパヤシの体によじ登ってきたので
思わず悲鳴をあげてしまいました

怖くて動けなかったのに
まさかの2回も・・・・

何がそんなに怖いか
今ではよく解らないけど
やっぱり
勢いよく肩まで登ってきて
どこかに飛び移られると
リスでもフェレットでもモグラでも

悲鳴をあげるはずだよ・・・



ちなみにこのリス村

うさぎもいるはずだったのだけど
8月初めに誰かが追いかけ回して
人間不信中でした・・・ダメだよねぇ・・・




そして動物村なのに
なぜか人見知りの飼い犬も
触れられる対象になってます

DSCF4120.jpg


よく吠えるそうだから
気をつかいながら
そっと撫でましたよ・・・


何か
チグハグなリス村

そんな
シュールな空気感を楽しみたい人には朗報

繁忙期の終わった
大島では只今
リス村割引キャンペーン中ww


っ是非っ

20110825_948978.jpg

<三原山に行けなくなり、リス村にくるように祈る図>(Yこイメージ)




サピコ














北アルプス-燕山荘への旅日記

お久しぶりですの日記です。

2011.7.17-18は
北アルプス燕岳(つばくろだけ)にある
燕山荘(えんざんそう)に行って来ましたよ。

DSCF4006.jpg


アルプス初心者の友達と一緒だったので、
一番楽ちんぽい山を選んだんだけども・・・
登りは普通に辛くて
あぁ何で山に登ってるんだろうと
自問自答・・・





でもさ、まぁ
山に行ったらただ一生懸命登るだけ

それだけ

ゆっくりでも
走ってでも
休憩しても
寝ても
転んでも

ただ皆山頂を目指すだけ

目的や方法は違えども
たどり着く場所は同じ

そんな人達が一つの狭い小屋で
過ごすんだもの
知らない同士だって
ケンカするわけもなく
干渉するわけもなく

ただ
一緒にご飯食べて
寝て
起きて
山で暮らすだけ

お金持ちも
貧乏も
美人も
ふとっちょも
関係ない

ただ
暮らすだけ


でも
それだけでも
人間は生きていけるんだよね


「協力して」だけど。
「協力」すればまぁ、生きていけるよ
笑って・・・

笑ってビール飲んでられたら
結構幸せだと思うよ あたしはね





久しぶりに
写真沢山撮ったから
久しぶりに
長い日記っ







7.16
PM21:30
新宿駅にてA弓と集合
ゴールデン街に飲みに行こうか迷ったけど
それでは宴が始まっちゃうので
キリンシティへ。ビール2杯飲んでプチ前夜祭。

PM23:00
新宿駅バスターミナルにて
毎日アルペン号乗車
このバスは燕山登山口まで一本で行けるので
楽ちんだったよ(往復13,500円)

冷房が効き過ぎて
この旅で唯一雨具(上下)を着る(笑)


7.17
AM6:00
中房温泉 燕山登山口着

AM6:40

DSCF3901.jpg


まぁゆるりと登山開始
と思いきや
暑くて急勾配がきつくて
汗だくに
首に巻いた手ぬぐいが
ビチョビチョ
リュックもビチョビチョ

リュックビチャオ並みに・・・

30~45分毎の休憩で
消耗する体力と
失われそうになる気力を
チャージ

でもこのちょいちょい休憩ができる
コース設定が
初心者向けで良かった

いままでのアルプスには
こんなゆるい休憩所が無くて
休むタイミングを失い高山病になってた気がする・・

ちなみに中房温泉から燕山荘までの合戦尾根は
北アルプスの3大急登の一つっ! 
(他の二つは、剱岳への早月尾根、裏銀座のブナ立尾根)
きつかったっ!(きつくて写真無いんだよっ余裕ないっ笑)


AM7:10
第一休憩ベンチ
 ↓ 
AM8:00
第二休憩ベンチ
 ↓
第三休憩ベンチ
 ↓ 
富士見ベンチ
 ↓ 
AM10:20
合戦小屋


DSCF3909.jpg


ここではなんとスイカが売ってるの!
こんなアルプスがあったのね・・・
なるほど女子が多い訳だよね



合戦小屋をこえてから
ようやく傾斜が緩くなり
気持ちに余裕が(写真撮れる)

DSCF3918.jpg



AM11:30
A弓がへばってるのを待つ間に
お花やうねうねの葉っぱだって撮れる

DSCF3917.jpg

DSCF3936.jpg

DSCF3924.jpg

DSCF3927.jpg




あ!山小屋が見える!
もう少し!


DSCF3929.jpg


せっせと登ると


DSCF3946.jpg



PM12:00
燕山荘に着いた!!

DSCF3949.jpg



槍ヶ岳側の視界が急に開ける!!

DSCF3951.jpg



これが北アルプス!!
美しい!!



久しぶりの晴天!!!
天候のいい時だけ山に登る事を決めたよ(笑)





PM12:30
燕山荘チェックイン

DSCF3952.jpg



前々回は頑固で有名なオヤジが仕切る
牢獄化した某山小屋(笑)


前回は爆弾低気圧の中だったので
避難小屋化した山小屋だったので
http://payashi345.blog15.fc2.com/blog-entry-250.html

こんなに牧歌的な山小屋に感動。
部屋は3畳の半個室に6人。
つまり1畳に2人という狭い部屋だったけど
前回は足も曲げなれないくらいの
カオス避難小屋だったので
全然平気

DSCF3954.jpg


テラスがあるなんてっ

DSCF3960.jpg


カツカレーがあるなんてっ

DSCF3963.jpg


生ビールがあるなんてっ

DSCF3959.jpg



これだったら
道中の苦しさ忘れるよ
まるで普通のロッジみたいだねぇと
A弓と乾杯


外でも皆
一杯やっちゃってます

DSCF3966.jpg


老いも若きも
ほくほく顔で
元気にビール飲んでます


この日に咲いたという
コマクサ
高山植物の中では一番人気なんだってっ

DSCF3964.jpg

DSCF3965.jpg


そして
雷鳥が近くで5羽子供を産んだそうで
バズーカー砲並みの望遠を持ったおじさんが
真っ赤に日焼けしながら撮ってましたよ




PM14:30
昼寝

昼寝してたら
同部屋のお姉さんが入ってきた

京都・群馬・福井
日本全国から集まってくるんだね
アルプスは

群馬の人に
群馬にも榛名山や赤城山あるじゃないですか!
って言ったけど
まアルプスって別格だろうね・・

集まるというと
私達も大阪からやってくる
J子とNi-やんを待ってた

友達と2700メートルの山小屋で
待ち合わせなんて
なんてロマンチック(笑)

感動の再会を待ちながら


PM17:30
夜ご飯

ハンバーグ定食

DSCF3969.jpg


今までの山小屋をまた悪い例に出して
申し訳ないのだけど
このボリュームってあり得ない。

ワイワイと知らない同士で
ご飯よそいあって食べる間
主人の山のお話しと生ホルン

これはどの方の日記にも
良いと書かれていたけど
やっぱりいいんだよね
主人の人柄が。

こういう人がいるから
人気出るんだろうな、燕山荘。


PM18:30
ようやくJ子とNi-やんに再会!

ってかめっちゃ遅くて
びっくり(笑)

2人は6時に駐車場に着いたけど
眠くてしばらく寝てたそう

でもどんな方法であっても
とりあえず無事に逢えて良かった
しばらく薄暗くなっていく
燕岳山頂を眺めながら乾杯

DSCF3972.jpg

雲と山が同じかたちしてるねぇ


そんで
登りが辛かった話を皆でする

そうよ、もの凄く辛くて
イヤなんだけど、登ってきたのよ

いわゆる一つの達成感ってやつを
分かち合う(笑)



16歳の頃から一緒にバカな事ばっかりやってきたのに
何故か今はアルプスで会ってる不思議。

あたしの人生に多大なる影響を与えたJ子。

言葉にしないと相手に伝わらないという事を
J子から教わったよと話した。
そうよサッチは抽象的で解りにくかったと
言われたり。そんな昔話で夜はふけていった。

そうそうJ子は
今回も相変わらず独創的。
シャラポワと叶恭子を足して
2で割ってつぶしたような
オリジナル山ガールスタイルで
他を圧倒していました(笑)





PM21:00
消灯
そう、山の夜は早いので
一気に電気が消えますよ

寝床に行くと
他のお姉さん達は
既に熟睡

この潔い感じがいいのよね

どっかから
ぐーぐー聞こえてきても
そんなもんじゃ起きないくらい
皆疲れてる(笑)

あたしも速攻就寝



7.18
AM3:30頃
ガサガサと京都から来た子が起き出す

あぁ日の出だぁと

窓から
夜が白々と明けていくのがみえる

DSCF3974.jpg


ナイスな部屋!

DSCF3989.jpg


皆その瞬間を待ってる
ただ それだけの時間

DSCF3994.jpg


AM4:30
日の出

DSCF3998.jpg


人生であと何回
雲海から登る太陽を眺められるかな

それは努力の回数かなぁ



AM5:30
朝食

撮るの忘れたけど
また普通の宿並みにボリュームあったよ

1泊2食付きて9,000円

調理道具を持って行きたくないので
2食付きにしました

山は
山小屋に宿泊だけの人もいるし
隣でテント泊の人も沢山

DSCF3940.jpg

DSCF3941.jpg



それは人それぞれ

それぞれ山の楽しみ方があるのもいい



AM6:00
きっと今の体力の100倍くらいないと
登れないであろう槍ヶ岳が見える

DSCF4007.jpg


反対には遠くに
富士山

DSCF4012.jpg



昨日の富士見ベンチで見えなかったけど
こうして顔を出してくれて
嬉しかった

久しぶりにパノラマ撮影したりして

DSCF4020.jpg

DSCF4017.jpg



山の為にあるよね、パノラマ撮影機能ってね(笑)



そろそろ下山

DSCF4015.jpg


下りは爽やかに汗もそれほど出ず
登りのおばさん達を励ます余裕さえあった

登りへばってたA弓さんも
余裕で写真撮ってた(笑)

DSCF4035.jpg



下りの最中に
知らないおばさん団体から
なでしこが優勝した事を聞く

なでしこをテレビで全然見れなかったけど
山で知らないおばさんに教えてもらった事
一生忘れないだろうな


AM9:45
中房温泉 燕山登山口着





中房温泉
源泉掛け流し入って

J子に
「サッチ身体白すぎでツインピークスの死体みたい」って言われて(笑)

ビールで乾杯!して
J子とNi-やんとお別れ


J子がNi-やんだから
山に来れたってのが印象的

Ni-やんJ子を連れて来てくれて
ありがとっ!

DSCF4032.jpg



AM11:10
毎日アルプス号乗車

車内で殆ど寝てた・・・

中央道渋滞でも運転しないでいいのが
楽だったよ 今回は寒く無かったっ!

PM19:00
新宿着


都会の雑踏を
場慣れしない登山靴で歩く・・・


数時間前まで
山ガールと、山おばちゃんと、山男しかいない世界だったから
人間の種類の多さに驚く(笑)


PM20:00
パヤシ家着
暑い中耐えた
花に水をやる

PM22:00
消灯(笑)


J子から無事に着いた報告と共に
いつかマッターホルンに行こうというメールが入る(笑)

A弓はさっそく筋肉痛になったというので
なんだやっぱり軟弱だなぁと思い寝て起きたら
パヤシも十分筋肉痛

今日1日は
オードリー春日の登場並みに
ゆっくりしか歩けなかったけど

けど頑張って登って良かった!
マッターホルンは無理かもしれないけど
また山で逢おう!


DSCF4022.jpg


サピコ













カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

パヤシサピコ

Author:パヤシサピコ
しごと:グラフィックデザイナー
あそび:スノーボード・登山・海
おさけ:たしなむ程度(うそ)

最近の記事+コメント
カテゴリー
QRコード
携帯でも見れるよ
QR
検索フォーム
今日の天気は?
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
moon

満月の月齢は
およそ14.8前後ですが
このブログパーツでは
14.8±0.5の間を
満月と表示しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。